ここでは陣痛が来ない場合について、詳しく説明しています。

妊娠して産婦人科を訪ねると、まず現在妊娠何週間かということを調べます。妊娠週が分かったあとは、それに準じて出産予定日というのが予測されます。
この出産予定日を過ぎてもなかなか陣痛が来ないということは、珍しいわけではなく多々あることです。


sponsored link




出産予定日よりも早く出産する早産の場合、胎児が未熟児で危険というのはよく知られていることです。逆に出産予定日を過ぎての出産を過期産と呼びますが、この過期産の場合は胎児が大きく成長しすぎることにより、産道を通りづらくなって分娩が困難で危険になるのです。

このようにいつまで経っても陣痛が自然に来ないというのであれば、陣痛促進剤を使用して陣痛を促すよう仕向けたり、帝王切開という手段が取られることになります。出産予定日から1、2週ほどの遅れであれば普通にあることですので、気にする必要はありませんが、2週以上遅れ始めた辺りから陣痛促進剤の検討を始めます。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 妊娠から出産までの流れ

⇒ おしるしと破水

⇒ 陣痛促進剤について



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
zen9jin2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。