ここでは前駆陣痛の痛みについて、詳しく説明しています。

そもそも陣痛とは出産前に子宮が規則正しく収縮を繰り返す時に伴う痛みのことですが、陣痛はある程度規則規則性があり、出産が近づくにつれてどんどん間隔が短くなっていき、陣痛時間も長く大きくなる傾向があります。
しかし前駆陣痛はこのような規則性はなく、間隔だけでなく痛みの強さなども不規則なのが特徴です。


sponsored link




前駆陣痛も本陣痛と同様に痛みの感じ方や強さは人それぞれです。下痢や便秘の時のお腹の痛みに似ていると言う人も居れば、腰痛が陣痛の始まりだったという人も居ます。また陣痛の最中に失神する人も居ますが、実際には陣痛の激痛で気を失うというわけではなく、出産時に伴う貧血などが原因です。
前駆陣痛の痛みも子宮の収縮によって起こっています。これは本番に備えて子宮口を柔らかくしているという効果があるとされています。

余談ですが、男性が陣痛を経験すると痛みに耐えられずに死んでしまうと表現する人も居ます。実際に男性が陣痛を経験すると死ぬかどうかというと、それは定かではありませんが個人的には死なないと思います。男性に陣痛の疑似体験をさせるという検証も海外のある病院ではされているようですね。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 前駆陣痛とは

⇒ 前駆陣痛の症状

⇒ 前駆陣痛の時期

⇒ おしるしと破水



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
zen9jin2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。